会社概要

社会福祉法人 養和会 エポック翼についてご案内します。

ごあいさつ

~環境と福祉のコラボレーションで誰もが住みよい地域づくりを~ エポック翼は、障がいのある方の就労支援や相談支援、生活支援等を行う障がい福祉サービス事業所ですが、縁あってリユース食器事業を行っていたNPO法人から事業を引き継ぎ、H24年10月より、就労支援事業の一環としてこの事業を行っています。
私たちは、「環境と福祉のコラボレーション」をリユース食器事業の活動方針としています。この事業は、ゴミやCO2を減らす地球に優しい活動ですが、私たち障がい福祉サービス事業所が行うことで、イベント等に来られた一般の方に障がいのある方や障がい者福祉について知って頂く機会が増えていきます。それだけではなく、循環型社会を目指す環境活動に障がいのある方自ら参加し社会貢献することで、地域社会の一員としての実感を今以上にもって頂けると考えています。
また、この事業は、食器を使って頂くお客さまご自身が環境活動に貢献されるだけでなく、障がいのある方の仕事にもつながっています。リユース食器から環境への意識や障がい者福祉への理解が深まり、CO2の削減や障がいのある方の経済的基盤の安定、社会貢献などなど、まさに環境と福祉のコラボレーションで計り知れない効果が期待できます。
私たちは、環境にも福祉にもメリットの大きいこの事業を発展させ、障がいの有無に関係なく誰もが住みよい地域づくりをしていきたいと考えています。
今後ともエポック翼のリユース食器事業をよろしくお願いいたします。

沿革

H8年12月 医療法人養和会 地域生活支援センター翼開設(エポック翼の前身)
精神障がいのある方を対象に、相談支援,生活支援,就労支援,フリースペースの
提供などのサービスを開始。
H15年 3月 社会福祉法人養和会設立
H18年10月 障害者自立支援法が成立し、地域生活支援センター事業が廃止となったため、
新たにエポック翼を開設。
就労支援事業(定員10名)・就労継続支援事業B型(定員20名)・生活訓練事業
(定員10名)・相談支援事業・地域活動支援センター事業を開始し、地域で生活
する障がいのある方に対し、総合的な福祉サービスを提供。
H24年10月 就労支援事業の一つとして、リユース食器事業をスタート。
H25年4月 リユース食器ふうネット加盟
H25年9月 リユース食器ネットワーク加盟
H26年5月現在 就労移行支援事業(定員10名),就労継続支援事業B型(定員30名),
相談支援事業,地域活動支援センターを実施。

業務内容

エポック翼は障がし 者の方を対象として、 相談支援、就労支援、地域活動支援などのサービスを提供する事業所です。

◎利用対象者

精神障がい者の方、知的障がい者の方、身体障がい者の方


◎開所日・利用時間
◎利用費用

各サービスを利用された際の利用料や、食事・行事・レクリエーションなどで実費負担がかかる場合がございます。詳しくはスタッフにお尋ねください。

◎利用手続き

相談支援員にご相談いただくか、お住まいの市町村担当窓口にお尋ねください。

サービスメニュー

アクセス

〒683-0804 鳥取県米子市米原1460-7
TEL.(0859)36-2005 FAX.0859)36-2007

お問合せ

お名前*
企業名 個人の方はご記入する必要はございません。
お電話番号
メールアドレス*
確認用メールアドレス*
郵便番号
住所*

address

ご用件*
*は必須項目です。